Chelsea Waterside Parkで水遊びと巨大滑り台

夏はイチオシ!
Pier25 Playground」や「Pier 51 Playground」など、ピア(船着き場)に近い、ハドソン川の公園の中での一番オススメなのが、こちらのChelsea Water Parkです。2018年8月に全面改装したばかりで、綺麗さはもちろん、ジム遊具も小さな子から大きな子まで遊ぶ事ができます。目玉となる魚(タツノオトシゴ?)のジムや、塔から一気に滑り降りる滑り台などは、なかなか高さがありますので、保護者の方が一緒に付き添う必要がありますので少し注意が必要です。

Chelsea Waterside Parkの基本情報

住所 557 W 23rd St, New York, NY 10011(地図
開放時間 06:00 – 13:00 ※祝日は変更あり
対象年齢 3~10歳  ※高い遊具があるので小さいお子様は注意が必要
遊具 高いすべり台、砂場、木製ジム、岩登り
水場 大きな水遊び広場があります。写真はコチラ ▶︎
トイレ 徒歩3分の距離に公共トイレあり 詳細はコチラ ▶︎
治安 治安は非常に良く、ホームレスの人はいません。改装されたばかりで、非常に清潔、キレイな公園です。

Chelsea Waterside Parkの場所

Chelsea Waterside Park 行き方

やはりハドソン川沿いの公園は、どうしても地下鉄のアクセスが少し不便になります。

地下鉄利用の場合

地下鉄青ラインのA・C・Eで「23rd St」下車、徒歩15分。

市バス利用の場合

M23-SBSで、バス停:W 24 St & 12 Av
M23-SBSで、バス停:W 23 St & 11 Av
M12で、バス停:W 24 St & 11 Avで下車で公園の目の前に到着。

この公園には遠足気分で市営バスを利用して行く事をおすすめします。初号機弐号機ともにバスは大好き。

Chelsea Waterside Parkのトイレ

公園敷地内にはありませんが、徒歩3分の場所に公共トイレがあるので非常に便利です。

Chelsea Waterside Parkの特徴

特徴 その1 大きな魚のジムがある

まず目に入るのが巨大な魚(タツノオトシゴ?)の木製のジム。

Chelsea Waterside Park名物の魚の遊具(木製)

特徴 その2 そびえ立つ高いすべり台

なかなか日本の公共の公園では見ることのできない高さの滑り台が、高台から砂場にかけて設置されています。魚(タツノオトシゴ?)の体部分ともつながっており、塔のような形をしたジムの最上階から一気に滑り降りるようになっております。

パっと見て高さ5~6メートルはありそうな塔の最上階から滑り降ります。

特徴 その3 広くて見晴らしの良い水場

地面がソフトマットになっていて(石の部分も少しありますが)、とても見晴らしの良い水場があるので、保護者の方は横にあるベンチで座ってお子さんを見守る事ができます。日陰があまりないので夏場はちょっと踏ん張りどころですが、お子様は大喜びなはず。

ベンチがあるので保護者が見守りながら水遊びが可能


水広場の追加写真はコチラ ▶︎

Chelsea Waterside Park の写真

公園入口から園内まで

バス停を降りて少し歩くと、公園の姿が見えないながらも子どもたちがキャッキャ騒いでいる声が聞こえたので、迷わずたどり着く事ができました。

入り口にサインがあるので、場所がわかりやすい

このあたり一帯を工事してキレイにした事もあり、通路や入り口がとてもキレイに舗装されています。

入り口に「自転車、スケートボードなどは降りるように」と注意書きがあります。

入り口から少し散歩道を通って公園に入ります。

Chelsea Waterside Parkの滑り台は高い

公園に入るとまず目に入るのがこの高いすべり台。

公園に入ると大きな滑り台がまず目に入ります。

そして、なぞの魚類ジムが塔を取り巻くように設置されています。

坂の上に魚(タツノオトシゴ?)の頭部が見えます。

塔の一番下には、身長90cmに満たない弐号機がスっと入れるほどの入り口があります。

実際にはびーが入ろうとするとこんな感じ。小人の家に遊びに来たような感覚です。

滑り台の着地点が砂場なので、子供が通る道はこんな感じで砂だらけ。狭いし滑るので要注意。

外から見えない所で、はびーはとても苦労して登っているのです…。

等の中を登りきった所から、砂場を見下ろすとこんな感じ。かなり高さがありますね。

いざ滑り台を覗くとこんな感じ。昔、スペースコースターっていうのが遊園地にあったのを思い出しましたw。滑った先に子供がいないか、こんな感じで確認してから滑る必要がありますね。

一気に滑りおりる時はこんな感じ。大人と一緒に滑ると、フワっと浮きます。

かなりのスピードで滑りますので、3才児の弐号機は、最初の3回ほどははびーと一緒に滑りました。
逆に大人と一緒に滑る方が重さで加速するのでスリルUPするのですが…w。

魚(タツノオトシゴ?)の体の中は全てジム

子供向けのアスレチックみたいな感じになっているので、中に入ったり出たり、登ったり、楽しむ事ができます。

魚の身体部分はすべて木製のジムになっているので、くぐったり登ったり、子供は大はしゃぎ。

ジム自体は、3~5歳くらいが適齢かと思いました。
あんよしている小さなお子様は、砂場で安全に遊んだ方が良さげですね。

三歳児の弐号機にはぴったり収まるサイズ感で、ガンガン走り回っていました。追いかける大人は小人モードにならなくてはいけません。

滑り台にたどり着くためには、塔の一階から中の螺旋階段を上がるか、塔の横についているハンモックをよじ登って登るか、の2つです。
高さが怖いお子様は階段で行きましょう。

このハンモックをよじ登って登る事もできます。

うちの二匹のモンスターは高い所が大好きなので、迷わずハンモックをよじ登りました…。

ハンモック頭頂部から下を見下ろすとこんな感じ。うちの三歳児、よくサポートなしで登ったもんや。

ハンモックを登りきった所から砂場を見たらこんな感じ。ちょっと滑り台が波打ってるのが分かります。

後ろを振り返ると魚の頭部分を見下ろせます。この体の中は全部つながっていて子供が走り回っています。

Chelsea Waterside Parkはソフトマット仕様

こけても頭を打っても痛くない(少し痛いw)ソフトマットが全面に施されています。
ただ、表面は走りやすいようにジャリっとした面になっているので、この公園ではスカートではなく、必ず長ズボンを履かせて遊ばせましょう。特に、うちのモンスターのように永遠に走っているお子さんは…苦笑。

この公園は地面全体がソフトマットになっているので安全です。こけたら擦り傷で痛いですが…。

マンハッタンで開発中のハドソンヤードを背景に

ここの公園は、川沿いではありますが、水が見える場所に公園があるわけではないので、どちらかというと、開発中のハドソンヤードをバックに写真を撮ると、ニューヨークらしい写真が撮ることができます。

魚の頭部分によじ登るとニューヨークらしい風景をバックに記念撮影。

遊んだ後はArtichoke Pizzaの名物ピザを食べる

しっかり遊んだ後は近場で腹ごしらえ!
という事で、夏休みなどは観光客で並んでしまうこの有名ピザ屋「Artichoke Pizaa(アーティチョーク・ピザ)」に行きました。(公式サイト▶
マンハッタンとブルックリンに計12箇所展開しているピザ屋ですが、名前にもなっているにんにくの効いた「アーティチョーク」が入ったクリーミーチーズ・ピザで有名なお店です。
2008年にFrancis Garcia氏とSal Basille氏によってイースト・ビレッジで創業したピザ屋は、そのおいしさでこの10年で12店舗まで拡大しています。そもそも「アーティチョーク」って何ですか?という人はウィキペディアを読みましょう!簡単にいうと植物で、つぼみの部分を食用とするものです。

徒歩10分ちょっとで老舗ピザ屋「Artichoke Pizza(アーティチョーク・ピザ)」に到着。

Chelsea Waterside ParkからArtichoke Pizzaまで

徒歩圏でピザ屋に行けるという事で、もはやChelsea Waterside Parkで遊んだ時のゴールデンコースとなりますが、この日もやはり店の前に行くと並んでいました。15~20分待つ、という事で、周辺散策する事に。せっかくなので、今マンハッタンで一番開発されているハドソンヤードの工事現場をハイラインから覗くことにしました。

こんな感じで絶賛工事中。

もともとは、2020年のオリンピックが東京に決まる前に、ニューヨークが物凄いアピールをして、この地に諸々の施設を立てる、と公言していたそうです。こんな狭いマンハッタンの島にまだまだ開発する場所があるんですね…。

工事現場をハイラインの高さから覗くとこんな感じ。なかなか凄いことをやっている。

チェルシーと言えば、ハイライン、という事で、二匹のモンスターを連れて空中庭園を散歩しました。
ただの散歩道なら、3歳児、5歳児はソッコーで飽きてしまうのですが、こういう階段があったりすると、公園感覚ではシャイでくれるので良い時間つぶしになります。

ハイラインでお散歩したら少しだけ休憩。ここではマンハッタンを少し高いところから見下ろせます。

高さのないハイラインですが、周囲に高い建物があるわけでもないので、こんな感じの景色が味わえます。

ハイラインで15分ほど散歩して、お店に戻ったらちょうど良いタイミングで名前を呼ばれて店内に。

やっと店内に入りました!バーカウンターも含めて満席。

お腹が空いている状態を煽るように、良い匂いがぷんぷん。
バーカウンターもテーブルも満員で、テイクアウトの列も15人ほど並んでいました。

ガヤガヤ賑やか、パブのような雰囲気ですが、お子様連れも問題なし。

賑やかなお店なので、子供が多少騒ぐ事は全く問題ないのですが、ハイチェアーやブースターがないので、家族連れはソファみたいになっているテーブル席に案内されます。なので、他の人よりちょっと待たされるかもしれませんね。

Artichoke Pizza 注文する時の注意点

まず、ここのピザは尋常でないくらいにデカイ事を知ってください。日本のノリでオーダーすると、1週間分くらいのピザが出てきます。多少アメリカに慣れた人でも、そのまま注文すると3日分くらいのピザが出てきます。
8スライスで$39。ちょっと高め?と思われるかもしれませんが、とんでもない。アメリカの通常のピザの倍はある、と思ってください。

ここのピザは注文時に注意が必要!

初号機弐号機、の大好物はピザなので、アメリカサイズの1スライスは子供にしてペロっと食べてしまいます(およーめよりも食べる)。
それでも、大きさを懸念して、合計3枚をオーダーしました。

注文したのは6枚ではなく、「3枚」です!

大きな3スライスを半分にカットしてサーブしてくれます。
・アーティチョーク
・マルゲリータ
・スピナッチ(ほうれん草)

アーティチョーク・ピザの拡大図。マジで美味い。

ここのピザはデカイ、味が濃い、チーズがやたら多い。
なので、塩分取りすぎに注意!
今日はたくさん遊んで汗かいたからまぁ良いか、という事でバクバク食べましたが、
6ピースに切ってもらったピザの内、2ピースが余りました。

もちろんはびーは黄金ジュース(ビール)も頼みます。

お父さんはドラフトビールの注文も忘れずに!!!

トップへ戻る