子連れOK。美味オーガニック バーガー「Bareburger」に行ってみた。

ずっと前から場所は知ってるけど、なかなか行く機会がない。
そんなお店、ありますよね。
こちらのBareburger(ベアバーガー)は我々にとってはそんな場所でした。

今回も、またまたおよーめのリクエストで、こないだ入れなかったあのお店に行きたい、という事で行ってまいりました。

Bareburger(ベアバーガー)の基本情報

Bareburgerは2009年にニューヨークで創業

創立者のEuripides Pelekanos氏(通称E.P)は、元々はアーティストであり、2002年にブルックリンで「Sputnik」というライブハウスを運営していました。このライブハウス内の小さなキッチンにある電気コンロで、彼はよくGrass-fed(草を中心とした粗飼料で育てられた牛の肉)を使ったバーガーを調理していました。知らない間に仲間内でおいしいと人気となった彼のバーガーは気づけば、バーガー目的で客が足を運んでくるようになったようです。
それから7年後の2009年に自然素材だけを用いた手作りバーガー(クラフトバーガー)を専門とする「Bareburger(ベアバーガー)」を創業する事になりました。

Grass-feddとはどんな肉か

昔は当たり前のように牛は牧場で草を食べて暮らしていましたが、近代になり大量生産が必要になってくると、安価な遺伝子組換えされた畜産飼料(とうもろこしや大豆など)を与え、早く牛を成長させるようになりました。このような状況で育てられた牛の肉を食べすぎるとカロリーはもちろん、脂肪分の過剰摂取になって「健康によくない」ということで赤身の肉は摂りすぎないようにと言われています。しかし、今健康志向の人たちの中では、昔のように草を食んで自由に飼育された牛の肉は栄養価も高く脂肪分も低く体に悪いのではなく逆に身体に良い!ということだそうです。実際に、草を食べて育った牛の肉は脂肪分、飽和脂肪、コレステロール、カロリーが低く、ビタミンE、βカロチン、ビタミンCなどが多く含まれているようです。

Bareburgerはニューヨーク市内に20店舗展開

ベアバーガーは、ニューヨーク市内に20店舗、お隣のニュージャージー州や、コネチカット州にも複数店舗があります。
また、海外では、ドイツで1店舗、ドバイで5店舗、日本でも2展開しており、これからもどんどん海外へ進出していきそうです。

公式サイト www.bareburger.com
住所 今回行った57丁目店:
313 W 57th St, New York, NY 10019(地図
営業時間 日~木:11:00 – 23:00
金~土:11:00 – 00:00
ハイチェア あり。深夜まであいているバーもあり、昼夜問わず賑やかなので、子供がうるさくしても問題なし。
トイレ 綺麗なトイレが店内にあります。

治安 タイム・ワーナー・センター(ショッピングモール)の隣にあるという事もあり、昼間から夜まで人が行き交います。観光地のど真ん中にあるレストランなので、安心して入る事ができます。

Bareburger(ベアバーガー)の場所

Bareburger(ベアバーガー) 行き方

最寄駅「59 St – Columbus Circle」から徒歩5分。
地下鉄の赤ライン 1、または青ラインAかC、またはオレンジラインBかD

Bareburger(ベアバーガー)のおすすめ料理

まず、このページの一番上に掲載しているバーガーが間違いなく最強においしいバーガー「BUCKAROO(バッカルー)」です。

究極の牛肉バーガーBuckaroo(バッカルー)
のかじる前の写真w

ちょっと辛くてもOKという人にはこのEL MATADORがお勧め!

確かこれはEL MATADORだったと思います。グアカモレ(アボガド)が入ったちょっぴりメキシカンなやつ!

子供にはコレを与えれば、とりあえず静かになります!笑

絶対に外さない、子供には安定のグリルド・チーズを。

ポテトを頼んだら、このソースをもらいましょう!
日本人はこれ好きなはず!明太マヨと見せかけて全然違うけど、おいしいソース!

ピリ辛ソースとバーベキューソース

ベアバーガーのメニュー

ベアバーガーのメニューその1

ベアバーガーのメニューその2

ベアバーガーはかなり家族向けのレストラン

ハイチェアあり、塗り絵あり、トイレが広くて綺麗


これだけで小さなお子様連れの家族には良い条件が揃っているのではないでしょうか(笑)。

ベアバーガーにはキッズメニューも充実

ハイチェアと塗り絵!
日本のファミレスばりのサービスここにあり!

子供は塗り絵に夢中になります。

初号機弐号機の、共に揃って塗り絵で待つ。しかし思いの外、肉を焼くのに時間かかってすぐに塗り絵は2枚目突入。

弐号機の。そらそーなるわね。

ベアバーガーのトイレはハイパー綺麗です

久々にニューヨークのレストランで綺麗なトイレを見ました。

とても綺麗に清掃されているトイレ。トイレットペーパーが切れている所はご了承を。

かなり分かってますね、ベアバーガー。オムツ替え台があります。広いです、綺麗です、素晴らしいです。

Bareburger ベアバーガーの写真

ベアバーガー店内の様子

非常に賑やか、店員も明るく、大きな方が多いです(まかない食べ過ぎ?)
これだけ明るくて賑やかだったら子供が多少騒いでも全然平気です。

57丁目店の入り口から見るとこんな感じ。弐号機のはスタスタ先導してくれてます。

ベアバーガーの店内の様子はいろんな所に遊び心が感じられます。

何かとカラフルで目立つベアバーガーの店内です。

とにかくどんなけ騒いでも大丈夫なくらい賑わってます

弐号機のは無言でポテトを貪り食う。しかも両手で。

余ったポテトはテイクアウトするのも忘れずに!

アメリカでは余った食事を箱に詰めてもらうなんて当たり前の事です!
貧乏性とか思われる心配もないし、がっつり全部持って帰っちゃいましょう!

もちろん残ったらコンテナ(お持ち帰り箱)に入れて帰りましょう!

寄り道するならタイム・ワーナー・センター

徒歩5分でショッピングモール「タイム・ワーナー・センター」があります。
ちょっと高級志向ですが、H&Mもあるし何よりも、地下にホールフーズ(Whole Foods)があります!

タイム・ワーナー・センター

住所:10 Columbus Cir, New York, NY 10019(地図

ベアバーガーからタイム・ワーナー・センターまで:

トップへ戻る